心は、やり直しを求めてる 神経症撃退物語?

第三部で心の障害は、過去にできた固着への退行
が原因であると書きました。
そして、固着は、抑圧された満たされない気持ち
などのエネルギーの集まり。

そんな固着へ退行した自我は癒されますが・・・
その後どうなるのでしょう?
もし退行したままだと、理屈のうえでは心の障害
は治らないことになります。
それでは大変なので、なんとか自我を連れ戻さな
ければなりません。
そこで今回は心の障害からの回復を、神経症を
例に考えてみたいと思います。

自我は癒しを求めて固着へ退行します

 

たとえば苦痛を伴う神経症(自我疎外性)の場合、
理屈のうえでは、
退行して癒されている自我と、
症状を「なんとかしたい」と思う自我が、
心の中で2つに分裂した状態で存在している
ことになります。

もちろんこのとき、
退行している自我は無意識の中ですから、
私たちは退行している自我を意識することも、
自分の意思でコントロールすることもできません。

そうなると期待できるのは、症状に苦しみ、
「なんとかしたい」と思っている自我・・・
つまり、意識されている自我に、頑張ってもらう
しかありませんね。(^^:

仮に、この2つの自我を
退行している自我・・・・癒されてい隊
意識されている自我・・・なんとかし隊
と命名したいと思います。(^^:
名前なんてどうでもいいことですが一応。汗

退行し癒される自我と、症状に違和感と苦痛を感じる自我

では、なんとかし隊は、
いったいどんな戦略を使えば仲間の癒されてい隊
を無意識から救出し、神経症を壊滅に追い込む
ことができるでしょう?

まず考えるべきは、
退行先である固着の性質(成り立ち)です。
仲間の癒されてい隊退行した先で癒しを楽しみ
ながら囚われているのですから、いきなり
「助けに来たぞ」
では、
「余計なお世話だ。帰れ!」
と追い返されてしまうのがオチです。(^^:

癒されていたい自我は、そう簡単には連れ戻せません

これじゃ、オマヌケですよね。(^^:

なのでまず攻めこむ城(固着)の性質を徹底的に
調べ、その弱点を知ることが大事というわけです。

・・・とは云っても、
敵はそんなに複雑ではなさそうです。f(^_^;)

固着は抑圧された満たされなかった気持ちなどの
エネルギーで出来ている・・・
要するに過去にできた欲求不満の固まり。
古傷みたいなものです。

そこで、
そんな古傷がいつまでも疼く(うずく)のはなぜか?
の理由を考えてあげれば、答えも出てきます。

そう・・・もうお分かりですね。(^ー^)

時間は容赦なく過ぎてしまったけれど、
心の中ではまだ解決されていないから疼く。

つまり、
満たされないままだから、満たされたくて仕方が
なくて疼くわけです。

私たちだって未解決な問題は、いつまでも心に
引っ掛かってスッキリしませんよね。
それと同じです。(^^:

固着は過去にできた欲求不満の固まり。古傷です

であるなら、そんな固着を解体するのは簡単。

自分を過去に戻して、すべてを「やり直して」
あげれば、固着のエネルギー(リビドー)たちも
慰められ満足して解散してくれる・・・、
きっとそうに違いありません。σ^.^)σ名案でしょ?

まあ、たしかに理屈の上では・・しかし、
とは云っても、それにはちょっと・・・
いや、かなり無理がありそう・・・ですね(^^:

いくら固着のリビドーたちが、
過去をやり直したがっているとは云っても、
人間は過去に戻ることはできないのですから・・・
(-_-;)


ならば、どうするか?
ひとつだけ、できることがあります。
それは現在、そして未来を変えて行くことです。

過去をやり直せれば一番良いのですが、人間は過去には戻れない。ならば未来を切り拓いて行くという考え方です

固着に集まったリビドーは、過去にこだわり、
身動きできなっているわけですが、

どうすることもできない過去に、いつまでも
こだわっているよりも、
代用で満足できるなら「それでもいい」
と思うに違いありません・・・

なんたって、そのへんはリビドーも、
元をたどれば快楽原則の無意識(エス)の住民
ですからね。(^^:

それならば、
現在をもっと楽しく充実したものに変えてしまえ
ば、固着にいるリビドーたちも、
「おい、あっちのほうが楽しそうだぜ」
「そうだな。楽しいほうがイイに決まってるし」

と、固着を離れ、現在の楽しい自我に集まり、
「もっと充実させようぜ」と、逆に応援して
くれると思いませんか?(^.^)

現在が明るいものになれば、過去に対する考えも変わり、固着も癒されて行きます

そんな理屈を極楽とんぼは勝手に
『天岩戸(あまのいわと)作戦』
などと呼んだりしていますが、(^^:

でもこんなウソ臭い話も、
実はまんざらいい加減な話ではないのです。

人間どんな努力をしても、過去の出来事を変える
ことは不可能ですし、過去の傷(固着)を完全に
消すこともできません。

しかし、過去の傷の疼きを癒してあげることは
可能で、それは
現在の自分を変えて行くことで、過去に対する
感じ方(考え方)を変えて行くことができる。
そして、
感じ方変われば、過去にこだわり、しがみついて
いる自分を自由にしてあげられる。
という意味で、カウンセリングの考え方とも
一致しています。


まあ、自我の逆襲からは、ちょっと掛け離れている
ように思うかも知れませんが、
攻めだけが攻撃ではなく、『敵に塩をおくる』
という言葉もあるように、
相手(無意識)が欲しがっているものをプレゼント
してあげることも戦略なのです。

しかも症状から解放され、さらに自我の強化と
良い人生が得られるとすれば、
こんなに美味しい逆襲、他にあるでしょうか?(^^)v

退行していた自我が戻り、さらにパワーアップした自我に。心の障害はマイナスばかりではなくプラスも多いのです

補足・・・
上記の話は、症状に違和感のある自我疎外性に
通用する作戦です。

つまり、
症状に違和感のない自我親和性には使えません。


しかし応用は出来ます。

自我親和性は「自分が心の病気である」と云う
自覚がありませんから、当然自分から
「なんとか治さなければ」
という気持ちも持てないわけですが、周囲が
「もっと楽しく充実したものにしてあげよう」 
と、少しずつでも環境を整えて行ってあげれば、

周囲の人たちがポジティブな気持ちになるだけでも状況が好転することは珍しいことではありません


固着のリビドーや、退行した自我にも変化が
期待できます。

つまり、
自力で自我が動かせないのなら、周囲がその
お膳立てをしてあげたら良いという理屈ですね。


実際的にも、周囲が考え方を変えて行くだけで、
症者の気持ちや行動が軟化する(好転する)ことも
珍しくありません。(^.^)

ポジティブになることは、症者本人だけのためではなく家族みなさんにとっても大きなプラスです

ですので、
過去ではなく未来・・・
現在を変えて行く(未来に希望を託す)
ことは、心の障害全般に重要なキーワードである
ことは間違いないと思います。 


そしてもちろん、「環境を整える」ことは、
症者本人だけのためになるだけではなく、
ご家族にとってもプラスが大きいはずです。

 

人間、みんな病気です   第四部 中休みコラム
自我が幼いままだと、やっぱりツライ  同じツライなら、ちょっと頑張ってみよう

このコンテンツは2008年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト