超自我 優等生?それともタダの頑固者?

心のスタッフの最後は
超自我 (ちょうじが superego)です。

超自我は、自我の中に芽生えます。
ですから、自我にとっては子ども、
エスにしてみれば孫のような感じですね。(^^)

※超自我の言葉文字が一部薄く読みづらい
場合があります。お許しくださいませ。


その超自我が誕生するのは、
私たちが
「早く片付けちゃいなさ~い」
とお母さんに云われて
「うるさいなぁ~、わかってるよ~ (`ヘ´)」
と反抗を始める4歳頃と云われています。

そして、 超自我は、超がつくとほ真面目で、
強い良心の持ち主ですが、私たちがふつうに
考える良心とは違って、横暴で、押し付け
がましい良心を持っています。

超自我は強い良心の持ち主ですが、横暴で、押し付けがましい良心です(^^:

ん?そんなもん、良心と云えるのか?
って感じですけどね。(^^:


実は、超自我に頼らずとも、自我にもちゃんと
良心はあるのです。

その自我が持っている良心は、いわゆる
私たちがふつうに考える良心のことで、
人に悪いことをしたと感じたときに
「ああ、すまない(>_<)」と、心の底から
思う感情の良心です。

自我の良心は、いわゆる普通の良心。

しかし、超自我の良心には、
心からの気持ちはこれっぽっちも無く、
反省心もありません。それこそ、
「悪いことだ、と決まっているからゴメン」
機械的に謝罪しているような良心なのです。
(^^: 

超自我の良心は「心から」と云うより、「これが決まり事だから」の『杓子定規』なロボット的良心です

う~ん、ますます、なんだそりゃ?
「そんなもん良心ぢゃないだろ(ーー;)」
ですよね。お怒りも、ごもっともです。(苦笑)


ではなぜ、自我にも良心があるのに、
そんなヘンテコリンな良心が必要なのでしょう?

ふつうに考えればそんなの、いりませんよね?
(^^;)

しかし、やっぱり、必要だからあるのです。
話せば長くなるので、ここでは簡単に・・・

まずその発祥は両親だと云われています。
※もちろん良心と両親を引っ掛けたジョーク
ではありません。真面目な話です。(汗笑)

自我の良心は、
情緒(感情)とともに(自然に)成長しますが、
超自我の良心は、両親仕込み。

悪く云えば、
親からの考えの押し付けがすり込まれて、
「これは良くない」、「こうすべき」と、
自動的になっているだけ・・・

超自我の良心は、親や周囲の人から「すり込まれた」良心です

ですから、本当の良心とは云えないし、
親に叱られて、自我にしてみれば
「どうして私が悪いのよ(ーー;)濡れ衣よ~」
と、思うわけですが、

でもなぜだか、
とっても悪いことをしているような気持ちに
なって、心に強い罪悪感を持ってしまうのが
超自我の『良心マジック』なのです。

超自我の良心マジックには、とても不思議な効力があります

って、やっぱり、
あまり良いことないですね。(^^;)

しかし、あとになって、両親だけではなく、
先生や周りの人たちから道徳的なことや、
社会性を学びとるのも超自我の仕事。

つまり道徳観や社会性を身に付けられるのも、
超自我の助けがあってこそ、なのです。


でもそんなの、自我でも出来るでしょ?
と思われるかもしれませんね。

しかし、たとえば、
「お年寄りは大事にしよう」
「約束やルールは守ろう」
などの道徳や社会性などは、本来であれば、
『共通認識』として統一されるべきものですが、

実際は、それぞれの人の考え方(人生観・世界
観)によって、まったく同じではありません。
ある意味それは当然で仕方のないことです。

ですが、それでもやはり何事も基礎は大事。

そこで、
せめて最初だけでも統一した認識で学ばせて
おこう、というのが超自我の良心。

まあ、ぶっちゃけて云えば、
エスと自我に任せていたら最初から全部が
「まあ、仕方ない」
と、テキトーなことで済まされて、
それこそ道徳や社会性なんて皆無な人生や
社会になってしまうので、

なかば強制的に「それはダメ」と頑固に
押し付けてくる存在も必要になってくる・・

と云うわけで、
どうしても、超自我のロボット的な良心
なのです。(^^:



それに、思春期あたりに
エスが大暴れする時期がきます。
そのときには自我だけでは抑えきれません。
エスはフツーではない暴れものですからね。
(^^:

そこで、
根が真面目で正義感の塊のような超自我が、
自我の心強い(?)助っ人になってくれる
わけです。


しかし、ここで、
心強いに(?)←が付きましたね。(苦笑)
はい(^^:、すべてが安泰というわけではない
のです。

それは、自我の助っ人になる・・・とは
云っても、超自我は超がつくほどマイペース。

と云うより、頑固と正義感の度が過ぎて、
そっちのほうで暴走。
いつもエスと衝突してしまうのです。

そして、
どっちの言い分も分かる自我は、
いつもエスと超自我の板ばさみ。

助けてもらうかわりに、それなりの苦労と、
リスク(心の障害の可能性)を背負うわけで、
かえって大変。(;^_^A

※補足・・超自我は自我を助っ人するために
誕生したわけではありません。
どちらかと云えば、自我の監視人的な立場。
要するに自我が「まあ、いいじゃん」のエスに感化
されないよう監視しているわけです。
ですから、エスとは喧嘩しますが、それは
「頼りない自我を見ていられないから」という感じで、
エスに厳しいというより、自我に批判的が正解で、
自我にしてみれば、当てつけがましくうっとうしい、
でも・・・な、複雑な存在なのです。(^^:

自我と超自我の関係を書いた記事が姉妹版にあります。
宜しければご参照ください。
自我と超自我の関係
姉妹版・神経症と精神分析学へ移動します。

仲の悪いエスと超自我の仲裁に、自我は大変苦労します。

まあ、それでも、たいていのことは自我が
「まあまあ・・・」と仲裁に入り、     
何となくケンカもおさまってくれるのですが、

自我が不調だったり、
あまり長引くようなケンカだったりすると、
思わぬ心の障害になってしまうことも
あるわけです。

自我はエスと超自我のケンカの仲裁役。しかし自我が不調だったり、ケンカが長引くと思わぬ心の障害にも?

そのへんの詳しくは、この後の章と、
弟三部でお話させて頂きます。

ともあれ、これで一応、
心の3スタッフが揃ったわけです。(*^^*)


【極楽とんぼのつぶや記】 
   ~補足として~

本編にも書きましたが、超自我の良心は、
心の中で自然に育つ情緒的なものではなく
外部から教え込まれた良心や道徳を
そのまま実践する良心・道徳ロボット
みたいなものです。

超自我の力が強すぎると、自我はツライことに・・・

まあ、私たちが道を踏み外したり、暴走せず
暮らせるのも、彼のお陰といえばお陰。

そういう意味では、超自我のような役割りも
必要なのですから、彼も(良く思われずに)
損な役回り、なのかも。(^^:

ただし、
自分で決めた善悪の判断での良心で無い
ことや、 強引(無理やり)すぎる性質が
あるので、

もし超自我が強大であったり、自我が弱って
いるときは、心の中で強い葛藤が起こり、
場合によっては心の障害に繋がってしまう
こともあるわけで、ほんと痛し痒しですね。

エスと超自我は『犬猿の仲』(^^:

もともと心の障害は、心の中の力関係、
心のバランス関係と云えるのですが、
この超自我が
かなりのキーマン(カギを握っている)
と云えそうですね。

超自我は「悪者イメージ」?・・そうなるとエスは・・・?(笑)
フロイドの心的装置の構造関係

自我(2) 心のまとめ役と外交官
自我(3) 成長変化する努力人

このコンテンツは2008年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト