無意識って、どこにあるの? 意識・無意識・前意識・・・3つの意識



さて、前章で心の姿を、なんとなくイメージして
頂いたところで、いよいよ、無意識の話です。

まず、無意識は、
いったい心のどのあたりにあると思いますか?


前章で、心は自分を包むようにして存在している
と書きました。

では、その私たちを包むように存在する心を、
ズームアップしてみましょう。
望遠鏡で月面を眺めるように・・・



すると、なにやら浮かび上がってきましたね。
クレーターでしょうか♪
お! よくみると、台形のような形と、
意識前意識無意識・・と書かれた文字が。
実に親切ですね。(^^:

えっ?そんなことより、
ラッキョウにしか見えない・・・ですか?(笑)   

はい^^;。
ともあれ、これが心の表面図です。

ナニヤラ、海面らしきところにプカプカと
浮かんでますが心を海に浮かぶ氷山と考えて
ください。
決してラッキョウではごさいません。(笑)   

この図でわかることは、どうやら心は
3つの部屋に分かれているらしい」
と云うことですね。

では、その三つの部屋を、
一つひとつ覗いてみることにしましょう。


まず、
海面上にポッカリと頭を出している部分が、
私たちが「あれこれ」と思考活動している
意識と呼ばれている部分でごさいまぁ~す。

えっ?意外と小さい、ですか?(笑)

でも、私たちが直接、何かを考えたりする部分
なんて、ショセンこの程度なのです。(^^;)

ちなみに、私たちが日常「あれこれ」と思考しながら
行動している・・・と思っている意識的な活動も、
(よほど意識的に動かない限り)
この意識と無意識の比率と同じで「良くて一割程度」
で、あとは無意識的です。

えっ?やっぱり少な過ぎですか?(汗笑)
でも、その程度なのです。

この詳細については・・そんな意味での驚愕の事実?
は、この後の章でゆっくりと述べさせて頂きます。
で、とりあえず先に進みます。^^ゞ

そして一つ飛ばして、海中にドデンと構えて
いるのが、精神分析学の主役である無意識です。

無意識と云うくらいで、自分自身でさえも、
その正体は見えません。


そして、いくら無意識の研究が進んでも、
「たぶん、こんなものが入っているらしい」
という予測はついても、具体的にどんなものが
詰まっているのか、も分りません。

とにかく神秘のベールに包まれたような場所
なのです。(^_^;)


しかし呆れるくらい、デカイですね。(^^;)
意識の10倍ほどあるでしょうか。

でも画像の関係で、この程度の大きさになって
ますが、本当は100倍、1000倍、無限大
と云っても良いくらいなのです。


イメージとしては、
何でも吸い込むブラックホール、
何でも出てくるドラえもんのポケット。

とにかく、底なしにデカイのです。(^^;)

それと、無意識の大きな特徴は、
ヤンチャ坊主で、ケタ違いに無邪気、
と云うことです。

マンガで云えば、ドラえもんに登場する
ジャイアンでしょうか。(^^:


とにかく見えないながらも、その巨体で、
ワガママ放題の大暴れしてくれます。
どんな暴れ方をするかは、また後ほど。(^o^;


そして最後は前意識です。
『ぜんいしき』と読みます。

意識と無意識は有名ですが、前意識は
「初めて知った」という方が多いと思いますが、
病理的な妄想や、芸術的な発想(空想)、あるいは
衝動的な行動に関係する「何か」が隠されている
場所、とも云われています。


プカプカと浮かびながら、ときどき水面に顔を
出すのが前意識で、完全に意識は出来ないけれど、
ときどき意識できるものが入っています。


たとえば、「忘れていたことを思い出した」
と云うときには、この前意識にあったものを
思い出した場合です。


あまり多くのものが意識にあると、頭が疲れて
しまうので、記憶したものをとりあえず置いて
おく倉庫。

あるいは、
無意識にあるものが、いきなり意識されてしまう
と(いろいろな意味で)混乱するので、飛び出さな
いように待たせておく控え室が前意識。
まあ、そんなふうに覚えておいてください。

 


 【極楽とんぼのつぶや記】  
~補足?・・・いや、おまけです(^^ゞ~ 

さて、意識・無意識・前意識、
イメージして頂けましたでしょうか?

と云っても、これだけでは、
まだ何だかよく分かりませんよね。(^^;

これから少しずつ「ああ、なるほど~」
と思って頂ける、と思います。(^^ゞ


どうやら彼女は何かの記憶を、無意識の海から
釣り上げてしまったみたいですね。(^^:

そんな記憶と無意識のあれこれも、
次章以降でたくさん登場しますので、
どうぞお楽しみに。(^.^)

 


ではこの章の最後に、
意識・無意識・前意識の3者が、それぞれ
どんな感じなのかの、例え話をひとつ。(^^)


街でバッタリ偶然、山田さんに会いました。

しかし、彼の存在が無意識の中だったりすると、
「はて?誰だっけ・・・」
と思うこともないので、当然、彼の名前どころか
存在すら思い出すこともありません。

ただし、無意識の中では何かを感じているかも
しれません。でもそれを直接意識することは
ありません。このへんが無意識の神秘さですが
この件はまた先の章に書きます。


でももし、名前が前意識にあれば
思い出せないまでにも、
「あ、、この人、知ってるんたけど・・」
「えっとぉ・・・」
と、山田さんに関する資料を懸命に検索します
が・・・あと二歩、三歩・・。
そして、のど元まで何とか出かかり、かなり
もどかしく焦りますが、あと一歩の状態が続き、
結局、now loadingのままgame set。(^^:

もちろん前意識にあれば、
思い出せるときには思い出せるのですが、
焦っていたりすると、その確率は結構下がり
ます。(^^:ザンネン(苦笑)


で、イチバン理想的なのは、もちろん、
名前が意識にあることです。意識にあれば、
「おお♪ 山田さんぢゃないですかぁ。お久しぶ
りです♪」と、すぐに名前も出てきます。(^^)

しかし残念ながら、意識はとても狭いエリア
なので、重要でない記憶は、前意識に片付け
られてしまう・・・だらか、『ど忘れ』という
現象が起こってしまうわけです。(^^;)


たとえば、ちょっとの『ど忘れ』なら、
彼女にとって山田さんは重要度の低い人
だったのかもしれません。
   
しかし、「この人だれ?」と完全に忘れて
いるようであれば、彼に関係したことで、
思い出したくない何か・・があるのかも・・・
ですね。(^^;)   


ともあれ、ここでは、

意識は、自分で意識できるエリア(領域)。

前意識は、ときどき意識できるエリア。

無意識は、頑張っても、意識できないエリア。

そんなふうに、覚えてください。

先の章で、だんだんと「なるほど~」と
納得して頂ける予定ですので、
くれぐれも(ここで覚えたことを)
前意識に片づけてしまいませぬよう。

まちがっても無意識に沈めてしまいませぬよう
深く深くお願い致します。(^-^;(笑)




心って、どこにあるの?
無意識ポケットの中身(1)

 

このページは『無意識を知ろう♪極楽とんぼの精
神分析学入門』をスマートフォン対応に再編集し
たものです。※文章はスマートフォン向けに編集
してある為、パソコン画面では読みづらい部分が
あるかもしれません。また画像を多用しておりま
すが、サイズがスマートフォン画面では見づらい
場合があるかもしれません。ご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト