自我(1) 自我とは、あなた自身です

前章ですでに紹介済み、みたいなものですが^^;
改めて紹介致します、


心のスタッフの二番目は、
自我(エゴ ego)です。

前章の最後にも書きましたが、自我イチバンの
役割りは、地上で真面目に生きることの苦手な
エスに代わって、現実生活を営み、エスの欲望
(心のホンネ)を叶えること・・・

文字にすると簡単ですけどね(^o^;
でも、なかなか大変な役割りなんです。



まあ、実際に、
オオ船なのか、コ舟なのか、
はたまたドロ船なのかは、
アナタ次第と云うところでしょうか。(^^:

なんて、いきなり話を振られて、
ドキッとされた方も多いと思いますが、

しかし、今回のテーマは、
そんな話も無関係ではありません。

そう、、
タイトルにもありますように、
自我とは、あなた自身のこと、なのです。(^.^)

自我とは、あなた自身です

・・・なんて、
いきなりそんなこと云われたって、
あまりピンときませんよね。(^^;)

では、
そのへんの説明から始めたいと思います。
と云っても、話はとっても簡単です。

あなたがいま、この文章を読んで
「えっ? 何それ? ワカラナイよ~(^o^;」
と思ったり、感じたりしているのが
あなたの自我なのです。

ね、簡単でしょ?(^-^;4行で終わり(笑)

思ったり感じたりしているのが自我です
一応まとめてみますと・・・

私たちが意識する心(気持ち)が自我

(意識=自我)

たとえば
「私は、こう思う」の私が自我ですし、
「あ、それは痛いぞ、痛すぎるぞ・・」
と感じたりするのも私の自我。

つまり
日常的に「私は」「私も」
と、自分を思い感じる部分が、すべて自我。

と云うことになるわけです。(^^)

「私は」「私も」と自分を感じているのが自我です

※それでも分かりづらいときには・・・



では、
そんな自我は、いつごろ芽生えるのでしょう?
まずは下の図を見てください。

心の成長=自我の成長

自我の芽生えには、いろいろな説がありますが、
私たちがお母さんのお腹から出てきて、
まもなくではないかと云われています。

そして、
自我=私ですから、
当然、私と共に、自我も成長します。

どんなふうにか?と云いますと、
たとえば、同じ映画を観て、
10歳の頃では分からなかったことが、
20歳でなら理解できることがありますよね。

あるいは、同じ映画を観ても、
10歳の時と20歳の時とでは、
感じ方がまったく違うはずです。

それだけ私たちは、その10年間に
いろいろなことを経験(学習)しながら
成長してきたわけで、

そうした自分自身に、
「変わったなぁ」
と思える部分が、そっくりそのまま、
自我の成長と云えるのです。

つまり、私の歴史=自我の歴史
と云うわけですね。(^ー^)

アンの小箱様

【極楽とんぼのつぶや記】
~意識的な自我・無意識的な自我~

ちなみに・・・

エスは、
ずっと無意識のままですが、

自我には、
無意識的な自我と、
意識的な自我、があります。

つまり自我は、
意識と無意識の両方の領域で
活動しているわけです。

意識的な自我と、無意識的な自我

この記事を読むのに夢中で
現実を忘れているときが、
無意識のときの自我。

記事を読みながらも
遠くのサイレンが聞えたり、
夕飯は何を食べよう?
と考えていれば、
意識のときの自我。    

という感じで覚えて頂くと
良いと思います。(^^:(^^)


さて次章では、
そんな自我の苦労話などを
話させて頂きます。(^^:
なかなか大変です。(苦笑)


エス(2) 史上最強のやんちゃ坊主
自我(2)  心のまとめ役と外交官

このコンテンツは2008年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト