性格形成(4)男根(エディプス)期


男根期(エディプス期)を迎えると、男の子も女の子も、
自分の性器に意識を向けるようになります。

しかしそれは、生殖(性交)に目覚めるというよりも、
性器そのものへの関心(興味)であり、同時に自分が
男であるか、女であるか、の目覚めでもあります。

そして、性に対する意識を巡って、さまざまな葛藤を
持ち始めます。

それは自我を発展させるに必要なことですが、性格を
強化させたり、歪めたりすることも意味しますので、
性格形成を固める時期としても大切な数年間になり
ます。

そしてフロイドは、この男根期を神経症を決定づける
(発症要因として)もっとも重要な時期である、として
います。

つまり、将来、神経症を発症させるかどうかは、この
男根期の過ごし方が大きなポイントになる、と云う
わけです。


さて、それにしても妙なネーミングですよね。(^^:
男根期だなんて。
それじゃぁまるで、オチンチン期なの?
って、実はそうなのです。(^-^;

この時期を何故、男根期(だんこんき)と呼ぶのかと
云いますと、それは文字通りオチンチンの有る無しが
中心となって、男女ともに成長変化するからです。

しかし男根期だからと云って、女の子には関係がない
という意味では、決してないのです。(^^:

たとえば、
人間やはり突起したものが目につきますよね。

男の子には、それがありますので、大変に誇らしく、
それがあることにとても満足します。

反対に女の子は、それがないので、
「自分は欠陥なのではないか」と心配し、
ないことで自信が持てず、それがなく産んだ母親を
恨むと云います。

しかし男の子も、それがあることに満足はしますが、
反対に失う(取り上げられてしまう)不安と恐怖を
持ちます。

男根期は、そうしたあること、ないことが、
話の中心になるので、男根期と呼ばれるわけです。


この時期は、それぞれの性が意識される時期であり、
上記で述べましたように、有る無しによって、心の中
(在り方)も違ってきますので、もちろん共通する
部分もありますが、肛門期までのように、すべてが
男女が同じようにというわけではありません。

もちろん、それがその先の性差を明確にして行く基礎
になりますから、男の子は男の子として、女の子は
女の子として、その差異をちゃんと分かって接して
あげることが望ましい、と思います。

つまり、それぞれ特有の不安や葛藤に対する理解と、
接し方が大切というわけですね。


では、まず共通する部分から述べますと、
性器に関する関心として、まず(性器に)触れること
での快感を知ります。

つまり、手で触れたり、物に押し付けたりすることで、
気持ちが良いということを覚えるわけですね。

それ自体、悪いことではないのですが、親としては、
それを許しておいて良いのか迷い、でも「良くない」
という判断から、(大多数の親は)やめさせようと
するのではないでしょうか。

しかし子供にとっては「何故いけないのか」が分かり
ませんから、気持ちの良い遊びを禁止されて面白く
ないわけです。 そして、隠れて・・・と云うことに
なるわけですが、その叱り方によっては、子供はやめ
られない事に、強い罪悪感を感じ(性欲を)抑圧する
ようになります。

場合によっては、後々、健全な性欲の発達が妨げられ
てしまうこともありますので、ある程度は自然の流れ
に任せておくほうが良いのかなと思います。

ただし、執拗に性器を触る自慰行為をする場合には、
愛情に飢えていることがあり、乳児期の自体性欲に
退行していることも考えられますから、なるべく早急
に不足している愛情を満たしてあげることが賢明かも
知れません。


そして彼らは、好奇心から「赤ちゃんはどうして産ま
れるのだろう」ということを考えるようになります。

もちろん、性器の結合や受精などという事には、知識
も考えも及びませんから、たとえ「それはね・・・」
と大人の知る生殖を教えたところで、理解できるはず
もありません。

なので、筆者個人の考えとしては、真面目に応じて
あげることはもちろんですが「人が人を好きになって、
お互いに赤ちゃんが欲しいと願っていると産まれて
くるのよ」で良いと思うのです。

あるいは、(子供の年齢によっては)コウノトリや、
キャベツ畑でも。(^^)

あとは彼らが自然に想像する範囲・・・つまり、
あまりリアルな話をして夢を壊してしまうよりは、
「ああなのかなぁ」「こうなのかなぁ」
と、自分の中でイメージしているほうが自然で健康的
だろうと思います。

しかし、ときには両親の性行為を目撃してしまうこと
があります。これを『原風景』といいますが、少なか
らず彼らはショックを受け、その光景を心に刻み込む、
と云われています。

しかしそれも、まだ行為自体の意味を知りませんし、
「お父さんがお母さんをイジメている」程度なので、
下手な言い訳をしてショックの傷口を広げてしまう
よりも、ふだんご両親が仲良しのところを見せて安心
させてあげれば、充分です。
    
もちろん、心に刻まれた原風景はありますが、それは
後年に解決できる問題ですので、むしろ親があわて
たりして、性行為に対する罪悪感イメージを強く持た
れてしまうことのほうが心配です。


と、いろいろありながら、子供たちは新しい世界を
獲得して行くわけですが、その中での両親に対する
複雑な気持ち、もこの時期の大きな特徴となります。

子供にとって両親は一番身近な存在であり、愛着の
ある一番大切な存在です。

その愛着が、性を感じ始めた彼らの初めての恋心に
なるわけでが、恋というものは甘くせつないもので、
彼らもまた、それに似た気持ちを味わうことになり
ます。



まず男の子の場合、それまで母子一体で、どちらかと
云えば母親にベッタリの関係でしたが、まだ母親に
異性を意識する気持ちはありませんでした。しかし
性を意識し始めた彼らは、(自分では分からないで
しょうけど)そこに母親を女性として慕う気持ち
持つようになります。

もちろんまだ生殖能力こそありませんが、それ以外は、
成人男子が持つ恋心と同じで、相手を自分に惹きつけ
たい、独占したい、「守ってあげたい」というあの
気持ちですね。

よく「大丈夫、ボクがお母さんを守ってあげるからね」
というナイトのような発言をしますが、まさに彼らは
母親を守る白騎士であり、母親を愛する気持ちを持つ
のです。

しかし、恋愛には邪魔者(?笑)が付きもので、彼ら
にとって一番の障壁が父親になるわけです。

いくら自分が母親を好きになっても、母親には父親と
いう恋人がいる・・・
彼らは当然「父親さえいなければ」と思うのですが、
その思う気持ちが彼らの葛藤になります。

もともと父親も自分の愛する対象なわけですから、
同一人物に愛と憎しみ、、
つまり愛憎を持つのですから複雑な気持ちですよね。

こうした近親相姦的欲望から生じる葛藤を
エディプスコンプレックスと云います。

男根期は、このエディプスコンプレックスを強く持つ
時期であることから、エディプス期とも云われて
います。

※エディプスコンプレックスの由来・・・を読む

フロイドは、このエディプスコンプレックスを中心的
なものとして、神経症理論を構築したと云えます。


男の子は、性器への強い関心と罪悪感、そして
エディプスコンプレックスでの罪悪感から、
「オチンチンが取られてしまうのではないか」
と云う、不安と恐怖を持ちます。

これを去勢不安と云いますが、彼らはこの不安に
よって性器への関心(性欲)を抑圧したり、父親から
母親を奪い取ることを断念する、と云われています。

このとき、男の子は奪い取ることを断念するかわりに、
父親に同一化することで、その欲求を満たそうと
します。

つまり、自分が父親と同じになることで、母親との
恋を実らせようとするわけです。
なんとも、いじましいですよね。

しかし、そうした同一化によって、彼らは自分の性で
ある「男らしさ」を身に着けるわけですから、この
同一化は、とても重要な意味を持ちます。


そしてこの時期に注意しなければいけないことは、
性器への関心や性欲を強く禁じられたりしますと、
男の子は誇示したい優越感をも踏みにじられたように
なり、強い挫折や失望感として残ります。

オチンチンの優越感は、男らしい能動性や攻撃性の
象徴なので、これを失うと攻撃性が逆転しマゾヒズム
に転じてしまったり、無力感を持ってしまったりしま
すので、親はこの「失う不安」をよく理解し接して
あげることが大切です。

なので不用意に(からかうつもりで)
「オチンチン取られちゃうよ」
なんて話はしないほうが良いかも知れません。

彼らは大人が思う以上に、その話を真剣に受け止めて
しまいますからね。(^^:

付随して、男の子は「失う」ことにとても敏感になっ
ている時期ですので、それをキーワードに少し気を
つけてあげてください。


また、父親に対する同一化は、その後の自我の発達に
とって重要な要素ですが、これもあまり強すぎると、
神経症の原因になることもあります。

つまり、父親が、
「男子たるもの、厳格で少々乱暴なくらいでいい」
と、その姿勢を子供に見せてしまうと、それに同一化
した子供は、さらに自分を厳格に罰してしまうので、
生きづらく、神経症を引き起こす要因にもなるわけ
です。

同一化は、対象(ここでは父親)の生き方を自然に
取り入れるり入れる(真似る)ことなので、真似を
される父親は「なすすべが無い」ように思われがち
ですが、そうでもないと思います。

たとえば、
お父さん自身が、男たるもの厳格であるべし、力で
圧すべし、と考えているとすれば、ご自身も結構 
肩のこる毎日ではないでしょうか。(^^:

ならば、子供のためというよりも、これを好機に虚勢
を張らずに済む生き方を考えてみる、というのは如何
でしょうか。きっと父子で楽になれると思います。

と、これは一つの提案でした。(^^)



さて、次は女の子の場合です。
女の子の場合も、母子一体から、母親を女性として
愛するようになるところまでは、同じだと云われて
います。

しかし、女の子の場合、自分のオチンチンが無い為に
男の子のように振舞えない、だから母親を愛すること
ができない、と強い劣等感から(愛することを)断念
します。

この劣等感を男根羨望と云います。

羨望(せんぼう)、つまり、オチンチンを羨ましく
思う、ということですね。

男子のときは『失う』がキーワードでしたが、
女子の場合はこの『劣等感』が、ひとつのキーワード
になります。

ちなみに、この男根羨望が根強く残った場合、男の子
のように母親を愛したい気持ちも断念されずに残り、
あとあとの同性愛的要素になることがあります。

また、同じような事ですが、男性のように振舞う女性、
男なんかに負けるものかとと燃える女性は、この
男根羨望が残っている人、と云えると思います。


※男子のところでは書きませんでしたが、もちろん
男子にも同性愛的要素は、あります。

人間はもともと、自分の性と異なった性の部分(両
性性質)を持っており、エディプスコンプレックス
は、いわばその為に起こる複雑な気持ち、です。

仮に、異性を愛するようになっても、同性の人に憧れ
を持ったり、目標にしたり、しますよね。
それからもっと身近では同性の友達、友情なども、
この両性性質のお陰と云えると思います。

※同性愛、両性性質についての記事を読んでみる


と、話の横道が長くなりました。

女の子の場合、母親への愛を断念すると、父親へ愛を
向けるようになるのですが、そのとき、自分を不足に
産んだ母親を恨むようになり、また
「母親も自分と同じである」
と軽蔑するようになります。

つまり母親にもオチンチンが無いことで安心する
のではなく「ああ、この人にも無いのね」
と、深い軽蔑を感じる、と云われています。

もしこのとき、母親が非常に厳しい、女の子にとって
怖い存在であった場合、彼女は母親に対する気持ちを
完全に抑圧し、のちのちの神経症の原因になったり
もします。

つまり、男子のときのように異性親を愛するときの
ライバルが同性親(母親)と云うのとはちょっと違い、
自分が恨み、軽蔑する人物と、自分が愛する人物が
同一人物と云うコンプレックス(複雑な気持ち)が
まずあり、

そして、そんなコンプレックスを持ちながら、
さらに、その相手(母親)が自分に非常に厳しいと
なると「怒り」を感じるわけですが、その怒りを
感じる相手が、自分にとって愛する相手だとすると、
そうした怒りを含めた複雑な気持ちを抑圧するしか
なくなるのです。

とても、ややこしいですね。(^^:
まあ、ややこしいからこそコンプレックスと云う
わけですが・・・(汗)

しかし、女の子の場合、これらの『劣等感』を中心
にした母親に対する複雑な気持ちや男性羨望は、男子
の去勢不安ほど激しくはなく、抑圧されることも
少なく、それほど時間を要することなく解消される、
とも云われています。


ですが、劣等感は劣等感ですので、ここでは愛を向け
られたお父さんの役割が重要になってきます。

父親として充分に愛してあげることができれば、
彼女たちも「女の子に産まれて良かったわ」
と満足できるので、女の子らしい、自信の持てる子に
なれるはずです。(^.^)



そして最後に・・・
男女ともに、このエディプス期の同一化とともに
著しく成長するのは超自我です。

この時期の超自我に刻まれる道徳観は、できるだけ
ソフトなもののほうが良いように思います。

たとえば
「こうしたらダメ」と厳しく教えるより、
「こうしてもらったら嬉しいよね」
「こうされたら悲しいよね」
と相手の立場に立ったような気持ちで感じてもらう。

あまり論理的である必要はないですし、価値観の押し
付けにならないように、いろいろな場面(ケース)を
想像しながら、いろいろなことを感じ取れる時間を
提供さえしてあげたら、それで十分な気がします。

なぜなら、ただでさえ超自我は「なんで?」と云う
ほど、ネガティブ、そしてシビアに物事を吸収します。

そして、のちのち、この時期に吸収した道徳観(良心)
を罪悪感(罪責感)に変換し、私たちに投げかけてくる
存在になるからです。

ですから、わざわざ、親や周囲の大人たちが厳格に
彼らを脅かす必要はありませんし、必要以上の
厳しさは、子供は萎縮させるばかりか、強い不安に
包まれて身動きを取れなくさせてしまいます。

のちのち神経症になる原因も、このへんの罪悪感や
強い制限する気持ちにあると云っても過言ではあり
ません。

ですので、そのへんを充分に留意しながら、男の子と
女の子の気持ちを理解し寄り添ってあげることが、
この時期のポイントと云えると思います。


できれば、親も子も、のびのび過ごせるのがイチバン、
なのですけどね。

 

付録・自我と超自我の関係

 


 

こちらから姉妹版・無意識を知ろう♪へ戻れます

 

このコンテンツは2006年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト