心の全体図(1) 意識・前意識・無意識

さて、第一部は、精神分析学の柱でもある、無意識と
心の働きについてです。
 
  
フロイドは「人間の心は、こんなふうだよ」と、
下の図のような説明をしています。

心を海に浮かぶ物体、氷山と考えてください。
水色の線が海面ですが、私たちがふだん感じたり、
思ったりする部分は、意識と書いてある水の上の
ちょっとした部分だけです。 

ちょっと驚きですよね。

もっと大きな部分で、意識を働かせているイメージ
があったのに。

もちろん水面下の前意識、無意識の部分でも、
いろいろな精神活動は行われていますが、私たちは、

その活動を直接感じることはできません。


そして私たちは、何かを考えたり行動したりするとき、
「すべて自分が承知してやっている」
と思っていますが、実はその大部分が無意識的だと
云うのです。

つまり意思とは関係なく身体が勝手に行動している
・・・というわけで、これも驚きですよね。


でも考えてみると、たとえば食事のときなんかでも、
私たちは考えているようで、実は無造作に箸を動かし
ていますよね。
そして、
「お肉ばかりじゃなく、野菜も食べないと身体に悪い
よ」と注意されて「あ、そうか。そういゃぁ、たしか
に肉ばかり食べてました(^^;)えへへ」なんて話は、
誰にでも経験があると思います。

そうしたときは意識が働いておらず、無意識的に
「そうしている」わけです。

ぼんやり行動しているときなどは、ほとんどコレ
『無意識的』と思って頂いて良いです。(^^;)



そして、無意識の働きは、まだまだあります。

私たちは日常を「こうしたいから、こうする」、
「こうすべきだから、こうする」と、
意識を働かせて活動していますよね?
つまり、自分の意思で動いているワケです。

ぼんやり歩いていたら、自動車にハネラレてしまい
ますからね。(^^;)

しかし、そうした場合での自分の意思、こうしたいか
ら、こうするという行動も、
実は無意識から出ているエネルギーなのです。

つまり、詳しくは後で書きますが、無意識には私たち
を動かすエネルギーが詰まっていて、意識は、その
無意識から発せられたエネルギー(衝動)を、
承認するか却下するかを決めているだけなのです。

ちょっと分かりづらいと思うので、とりあえず、
行動は、無意識が行い
決定は、意識が行う
と、ここでは覚えてください。

ですから、とっさに起こる無意識の衝動に、意識の
対応(チェックと承認)が間に合わなかった場合、
その衝動を制止することができず、とんでもない
結果になってしまうことがあるわけです。(^^;)

気持ち(意識)がボーっとしていたり、他のことに
気を取られているときなど、自分のとった言動に
「あ!しまった(>_<)」
と後悔したこと、ありませんか?

無意識はいつもアクティブですが、意識は常に緊張し
気持ちを張り詰めているわけではないので、結構、
無意識の暴走(衝動)を、不覚にも見過ごしてしまう
ことがあるんですよね。(^^:困ったことに。(苦笑)


・・・と、ちょっと難しい、かもですね。(^o^;
では、たとえば・・・

無意識的に肉ばかりを食べているとします。
意識は、それを『許可(OK)』と思えば、黙って
それを承認して、その行動を許します。

つまり、承認したと云うことは、意識がそれを
「自分の意思でやっている」
と認めたことになり、
「どうして肉ばかり食べるの?」
と問われた場合にも
「好きだから。ちゃんと分かってるから大丈夫だよ」
と相手に、それが自分の意思であることを伝えること
ができるわけです。

反対に意識が、それを『却下(NG)』と判断すれば、
その行為を制止して、行為に改めさせます。

つまり、自分としてはあまり好きではないけれど、
「やっぱり身体のことも考えなきゃね」
と、自分の意思として、たとえイヤイヤでも(苦笑)
健康に良いとされる食べ方に切り替えるわけです。

しかし、無意識は油断のできないヤツで、ちょっと
油断して目(意識)を離した隙に、欲望の赴くまま
好き勝手なことを始めてしまいます。ですから、
「あれ?肉ばかり食べるのはNGのはずだったのに、
いつの間にか、また肉ばかり・・・」
と、自分で自分の行動にビックリするようなことを、
してくれるので要注意、と云うワケなのです。(~_~;)


つまり、
無意識は幼いヤンチャ坊主で、意識はそれを見守り、
ときには監視する保護者のような関係ですね。

ただし、意識は無意識の行動を厳しく監視し、ときに
は制止しながらも、本当は無意識の行動を許したい
気持ちもあります。だから、つい甘くなってしまう
ことも・・・(^^:詳しくは後々に。


ともあれ、私たちの行動のほとんどは無意識的であり、
無意識には、私たちを突き動かすエネルギー(精神
エネルギー)が詰まっている、と云うことを、ここで
は覚えておいてください。


以上が、意識と無意識の関係です。



そして最後は、前意識(ぜんいしき)です。

「意識と無意識は分かったけど、ぢゃあ、前意識と
やらは何をする場所なの?」ですよね。(^^;)


前述の通り、無意識はとてもヤンチャ坊主です。
そしてこれは次章で詳しく書きますが、
そのヤンチャな行動のエネルギー源になっているもの
は、様々な理由を持った欲望たちなのです。

しかし、どんな理由があるにせよ、欲望の赴くままに
行動していたら大変なことになりますよね?(^^:

ですがヤンチャ坊主の無意識に「だからね・・」と
説得を試みても「はい、分かりました」なんて云う
わけありません。(汗笑)


ともあれ、
「社会性なんて関係ないよ」の無意識の行動を
放置してしまうと
「何をやらかしてくれるかわからない」
と云う怖さがあります。

そこで、無意識にあるエネルギーが、いきなり出て
来ないようにフィルターのような役割りをしている
場所が、前意識です。


これもあとで書きますが、無意識にあるエネルギーは
相当に強い力を持っています。
そして、何とか意識に出て「欲求を満たそう」と、
日々もがいています。

ですが前述の通り、社会性がありませんから、意識
としては、そのまま出てくることを簡単に許可する
わけにはいきません。

いわば、意識がシャバ(世間、世の中)なら、無意識
は社会性のないエネルギーを閉じ込めておく牢獄
みたいなものです。(^^;)


しかし、「いけないよ~」と云われると、
「なおさら、やりたい」と思うのが人情というもの
で、彼ら、無意識に閉じ込められたモノたちも
「何とか脱獄してやろう」と、いろいろ画策します。

つまり、牢獄の番人を誤魔化すために、変装し
姿カタチを変えて、海面上の意識を目指すのです。
※ここは結構重要で、次々章などで説明します。

しかし、心全体としては、牢獄に居るものに出てこら
れては都合が悪いので、それを防ごうとします。
心の中では、いつもそうした攻防戦があるわけです。(^^:


でも、
「まあ、すべて防ぐことは不可能だし、出てきたい
気持ちも分かるから・・・」
と、その妥協案として
「意識までは困るけど、許可したものだけ、ここ
(前意識)までなら来てもいいよ」
と設置された部屋が前意識と考えてください。

つまり、無意識にあるモノが捕われ人とするなら、
前意識に出てこられるのは、仮出獄を許された人
ですね。


牢獄の番人(監視所)は、無意識と前意識の間と、
前意識と意識の間の2ヶ所にあって、
『出てほしくないモノ』が脱獄しないよう監視して
いますが、これを検閲作用と云います。


そして、その前意識にあるモノは、
普段は意識されていないけれど、
ふとした拍子に思い出すものや、

「ちょっと待ってね、いま思い出すから」
と、いろいろな糸をたぐり寄せれば
思い出せるものたちです。


先ほどの全体図でも前意識は、海面に見え隠れしてい
ましたよね。
つまり、時々、そして、ちょっとだけ意識できるもの
か、前意識というわけです。



人間には意識と無意識の世界がある・・・なんとな
くでもイメージして頂けましたでしょうか。

次章ではもう少し無意識について、に触れてみたい
と思います。
   



このコンテンツは2006年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト