自我と我

少し前の章(性格の話)で「頑固であることを誇りに思いましょう」と述べました。
誤解が無いように、その補足をしておきたいと思います。
頑固がすべて良いというわけではない、という意味で。(^^;)(汗笑)


さて、「自分の気持ちを通す」という頑固さにも、2通りあると思います。

その1つめは、周囲が困ろうがどうであろうが、自分の気持ちを通そうとする頑固です。
つまり、自己中心的、わがままな頑固さ、ですね。

そしてもう1つが、自分の考えが正しいか、間違っているかは別として、でも、考え抜いた上で「それが最善である」と云う信念を持っての頑固さです。
つまり、良かれと思う頑固さ、ですね。

この2つを比べて頂ければ、もうお分かりと思いますが、2つめの「良かれと思う頑固さ」のほうが、人間的にも大人ですよね。

反対に、1つめの頑固さは、俗に云う「我(が)が強い」、「我(が)を通す」という部類で、我(が)は、『われ』であり『わたし』と云う意味ですが、実際『わたし』だけしか無い状態です。

ややこしいですね。(笑)

つまり、『我』は、まさしく『わたし個人』ですが、人間社会と云うものは『わたし』ひとりでは、生きては行くのは難しい。やはり、『わたし』がいて『あなた(みんな)』がいてと考えることで、お互い共存の道も開かれるわけです。

ですから、我の強い頑固さは嫌われる、と云う図式になるのです。(^^;)

自我と我・・・は、似て非なるもの。

2つの言葉を並べてみても、『我』には『自』と云う文字が欠けています。
『自』つまり、『自ら(みずから)』と云う主体性の部分です。

辞書を引きましても『自我』とは、
『知覚・思考・意志・行為などの自己同一的な主体として、他者や外界から区別して意識される自分』。

心理学では『行動や意識の主体』と書かれています。

つまり、自分自身が、自分自身であることをシッカリ認識し、行動も自覚して行えることが自我なのです。

逆に云えば、自分でありながら自分が無く、なんとなく流され、行動にも主体性が無い場合には、
まだ自我が育っておらず、我の状態と云えるのかも知れません。

もっと分かりやすく云えば、
わがままな自分自身の我を上手にコントロールしてこその自我なのです。

ですので、頑固であることは『性格の話』でも述べましたように、それだけエネルギッシュであり、喜び誇るべきことなのですが、その中身を考えることが重要になってくるわけです。

そして、我(われ)を省みる(かえりみる)ことが出来ることが常に自動的に行えるようになれば、人間関係や社会との繋がりが円滑な自分(自我)に、自ずから(おのずから・自然体として)成れるはずです。(*^-^)

 

 

 

このコンテンツは2006年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト