別篇 未生怨 生まれる前の怨み?



未生怨・・・『みしょうおん』と読みます。
聞き慣れない言葉ですよね。

これは精神分析の日本での草分けとも云える古沢平作
(こざわ へいさく)博士が主張した、胎児が持つ
コンプレックス(心的葛藤)と怨み(うらみ)の話で、
少数派の学説ですが、少しだけご紹介させて頂きます。


さて、未生怨・・・まだ産まれる前の怨み(うらみ)
と、ここでは訳しておきたいと思います。文字的にも
その語感が、ちょっと不気味な感じですね。(^^;)

どんな意味でしょ?

まず、簡単にお話しさせて頂きますと・・・ 
産まれる前ですから、当然まだ、この世に誕生して
いないのですが、前世とか、そうした話ではなく、
胎児期、、つまりお母さんのお腹の中での話です。

そのお母さんのお腹にいる時期に、胎児が怨みを持つ
というわけです。なんだか、やっぱり気持ちの良く
ない話ですよね。(^^;


この話は、インドのピンラシャワという王国での物語
をモチーフに、古沢博士が考え出した学説です。
その物語を簡単に書きますと、、、

国王の妻イダイケが子供を欲しがります。すると仙人
が「あと三年待ちなさい。三年待てば、私の生まれ
変わりとして、子供が授かるでしょう」と云いました 。

しかし、子供を産むには高齢であったイダイケは、
その三年が待てず仙人を殺してしまいます。
仙人は死の間際に「その子は呪われて(国を滅ぼす
子として)産まれてくるだろう」と云い残します。

受胎したイダイケは、仙人の言葉が恐ろしくなり、
塔の上から産み落とし、その子を殺そうとしました。
しかし、運良く助かり、王子として成長するのが
アジャセ(阿闍世)です。

そして、アジャセが思春期になったころ、お釈迦様の
従兄弟にあたるダイバダッタから、話しを聞き、その
出生の秘密を知ります。

ダイバダッタは、アジャセの父、国王を亡き者にして、
高位に就きたい野心がありましたから、アジャセに
「その手で国王を殺さねば、あなたの心の落ち着くと
ころはないだろう」と予言します。

アジャセは、悲しみと怒りもあって、ダイバダッタの
話しを聞き入れ、さっそく父、ピンラシャワ国王を
餓死させようと牢獄へ閉じ込めます。
しかし、いくら月日が経っても餓死しないことを不審
に思い、調べてみると、母イダイケが蜜を与え生かし
ていたのです。

アジャセは「いくら母でも、我が敵を助ける以上は
生かせておけない」と、殺害を決意しますが、
重臣ギバに「国王を殺害するのは仕方ないとしても、
母親までを殺害するのは、国の恥である」と、止め
られて、父のみを殺害します。

その後、アジャセは、原因の解らない皮膚病などに
苦しみ、母イダイケから手厚く看病を受けました。
しかし一向に回復せず、お釈迦様に相談します。

そして、献身的に看病する母の姿に心動かされ、実母
を殺そうとしたことを心から悔い、病いが治ります。


と、そんな話なのですが、なんとも東洋的、、いや
日本的な話ですよね。

アジャセは、自分の本源である母親を欲するあまり、
自分を殺そうとした過去に逆上して、母親を殺そうと
したわけです。つまり、愛が憎悪に変わってしまった
のですね。

しかし、結局のところ自分が求めていたものは、
母の愛だったのだ、と気づいて終わるわけです。

つまり、それくらい母親の心や行いが、子供の心を
複雑にさせるのだよ、というのが、
未生怨(阿闍世コンプレックス)
というわけですね。


さて、未生怨は、受胎後5ヵ月目くらいから持ち得る
ことで、たとえば
「この子さえ、妊娠しなければ」
と母親が胎児を邪魔に思ったり、母親が病気などで
体調が悪かったりすると、胎児は自分が迫害を受けた
ような気持ちになって、それを怨み、気力の弱い子
(生きる力の弱い子)になったり、何かしらの問題を
抱えて産まれてしまう、と云われています。

えーっ、そんなことで? ですよね。(^-^;

はい、たしかに、母親も生身の人間ですら、ときには
妊娠を悔いたり、愚痴も云いたいでしようし、病気
だってしますよね。
それすらダメと云うなら、おちおち子供も産めない、
と思うのは当然のことです。

もちろん、母親が妊娠を悔いたりしない環境や、病気
にならないことが一番望ましいのですが、そうでない
と絶対にダメというわけではなく、
「どうぞ、縁あって授かった子ですから、妊娠中は
身体を大切にして、(お腹の子を)慈しんで産んでくだ
さいね」
という意味と思ってください。

妊娠を悔いたような愚痴を云ってしまった場合にも、
「ああ、ごめんごめん、お母さん弱気になっちゃった
ね。大丈夫だよ、アナタのことは愛しているからね」
と、お腹をなでながらフォローしてあげてください。

そうすれば胎児くん(ちゃん)も「まあ、大人の世界も
いろいろあるんだろうな」と許してくれるはずです。

つまりは、どんなことがあっても
「お母さんだけは、アナタの味方よ」
と思ってあげることが大事、というわけですね。

もちろん、お父さんも母親が安定した気持ちで過ごせ
るように守ってあげてください。(^^)   

    
余談ながら・・・
よく、胎教音楽といって、胎児に良い影響を・・・と 、
音楽を聴かせたりしますよね。
あるいは(お母さんの)お腹に向かって、お母さんや
お父さんが呼びかけたり。

つまり親御さんも、子供が受胎した時点から
「心を持っている」
と、何となくでも信じているから音楽を聴かせたり、
呼びかけをするわけですよね。

ならば
「してはいけないこと」「避けてあげるべきこと」
の、悪い影響のことも、ちゃんと考えてあげてくだ
さい、と云うのがこの未生怨からのメッセージです。

結局、自分たちが「嫌だな」と不快に思うことは
胎児も嫌だし、心地よいと思うことは胎児も同じなの
で、そのへんのことをしっかり考えてあげさえすれば
大丈夫です。


ちなみに、胎教音楽にはハートビートなリズムが、
お母さんの心臓音と一緒で胎児には良いそうです。

ドン ドン ドン ドン♪ 
というあのテンポの曲ですね。(^^)

大人になってもこのリズムが心地よいと思うのは、
心臓のリズムに近いからと云う理由らしいです。

※ただし、大人は大音量で聴きたいリズムですが、
胎児くん(ちゃん)たちには、かすかに聴こえる程度
でお願いします。ビックリしちゃいますから。(汗笑)


そしてそして、もうひとつ余談ながら。(^^ゞ
有名な話しかも知れませんが、ひざを抱えたように
丸まって眠る人は、胎内での心地よさを思い出し楽し
んでいると云いますね。狭い場所や、暗い場所が好き
な人も、そうなのかも知れません。

あと胎内に関係する話で、水がありますね。
水が好きな人、怖がらない人は、胎内環境・・・
お母さんのお腹の中、羊水の中での状態が良かった人 。

反対に水が苦手な人は、あまり胎内での居心地が良く
なかった人である、とも云われたりします。
お風呂が億劫で、早風呂の人もそうなのかも知れませ
ん。(^-^;

それとこれは究極的(?)ですが、早産で生まれた人
は、お腹の中での居心地が良くなかったのかなぁ、、
とか。。いやいや、早く産まれて、やりたいこと、
確かめたいことがあったのかもしれませんよね。  
  
もちろんこれらの話も、すべてがそうである、とは
云えませんが、なんとなくうなづけちゃったりします
よね。(^-^;




    

 

このコンテンツは2006年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト