神経質症って何?

これは、自称・むかし神経症だった男、
現在、同業同期カウンセラーとの雑談です

A、神経質症って、結局なんなの?

僕、なんだと思う?

A、不安になったり、いろんな症状の出る病気。

僕、病気って、風邪とか、胃潰瘍とか、みたいな?

A、そうじゃなくって、不安が消えないとか、
  なんとなく胃が重いとか、疲れやすいとか

僕、そんなの、病気と云えないじゃん。

A、まあ、云われてみたら、そうだね。^^; 
  じゃあ、なんなの?

僕、いま一つ、答え出たじゃん。
  『病気じゃない』って。

A、あっ、そっか。そうだね。(汗笑)



A、じゃあ、一体なに?

僕、言葉で表わすのは難しいけど『心のもの』かな。

A、やっぱり『気の持ちよう』ってやつ ?(-_-;)
  お前も、そういうふうに云うのか?

僕、ううん、そうじゃくって、気持ちの中にある
  『当たり前なもの』

A、たとえば?

僕、そうだなぁ・・・たとえば好きな人が居て、
  24時間、忘れられないのと同じこと。

A、ああ。なんとなく・・・

僕、それが、ただ症状として、不安だとか、
  不快なものになった、と云うだけ。

A、そっか。それならなんとなく わかる気がする。


僕、うん、なんとなくで良いんだよ。
   ハッキリ云い切れるもんと違うからね。



で、結局、結論には至れず・・・でしたが、あとから
考えるに、神経質症とは、自分の弱い部分が表面化
したもの、なのだと思います。

格闘の末、逃げ場を失った自我が最後に選んだ選択先、
とも。





・このコンテンツは1998年に執筆者のプライベート
サイトに掲載したものを2015年に再編集したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際には必ず
100文字程度に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト