最後に   ワンポイントアドバイス

さて、長々とした記事にお付き合い頂きありがとうご
ざいました。

症状のつらさから抜け出すことに、この記事たちが
少しでもお役に立つことができましたら、執筆者と
してこれほど嬉しいことはありません。

どうぞ、晴れて陶冶の日が迎えられるよう、つらさに
負けず、日常生活を頑張り続けてみてください。

最後に、心掛けてみて頂きたいポイントを記して、
記事『神経質症について』を終わりたいと思います。


①練習は、百害あって一理なし。

よく苦手な乗り物に練習で乗ったり、苦手な会話の
克服にと会話教室へ通ったりすることがありますが、
あまり感心出来ることではありません。早く回復した
い一心は分かるのですが、それでは反対に回復を遅ら
せてしまいます。

その理由は、練習が症状を意識してのことだからです
他の章でも書きましたが、症状は意識すればするほど、
頭から離れず固着してしまいます。
それでは何の為の努力か分かりませんよね。

また、仮にその練習が上手く行ったとしても、人生は
筋書きのないドラマ。すべてが練習通りに運べば良い
のですが、そうならないことは、みなさんも良くご存
知だと思います。せっかく自信をつけたのに・・・と、
落胆も大きくなってしまいます。


人生に練習はありません。毎日が実践です。

それと同じで、神経質症が治ると云うことは、
意識されたものではなく、実践から自然に生まれる
産物なのです。


気が付いたら症状を忘れていた。
そう云えば、症状が出てない、いつからだろう?
しかしあの苦しさは何だったのだろう・・・? 
そんな感じですね。(^.^)


②あわてないこと。

不安(パニック)発作や、対人緊張が始まると、つい
何とかしようと自分なりのおまじないをしてしまうこ
とがあります。

それをはからい(小細工すること)と云って、症状を
強めてしまう(精神交互作用の)原因となります。

また仮に、その場はしのげても、①に書いた事と同じ
症状に対する意識を深めることになり、いつまでも予
期不安から開放されない悪循環を作ります。

苦境に立つと、ついあわててしまうのも人情。
でも、辛いときほど、落ち着いてください。

あわてふためくと、さらにパニックになるのは、
人間誰しも同じ。当たり前のことなのです。


どうしても症状から目が離せなくなったら、ちょっと
居直って「この先、どうなるかな」と症状を観察して
楽しんでやりましょう。つまり、症状に追われるので
はなく、反対に症状を睨み付けてやるのです。(^^:
だっていつも追われてばかりでは、悔しいではない
ですか。(ーー;)(笑)

でも、それくらい出来るようになったらシメタもの。
それほどの冷静さが持てたら、もう症状にあわてる
こともないと思います。

一呼吸おいて、ゆっくり対処すれば、実は症状なん
て、なんてことない のです。(^-^)


③それぞれの働きに任せておけば良い。

どんなに健康体と云われる人でも、曇り一つない完調
な日が1年に何日あるでしょうか。具体的な調査は
ありませんが、おそらく年間に10日程度でしょう。


頭が重い、胃腸が重い、気が重い、
太りすぎて身体が重い・・・(^_^;)(苦笑)

人間、どこかしら心身に重さを背負いながら、
生活しているものなのです。

ただ、それをいちいち云わないのは、そんなものだと
思っているからですし、云っても始まらないことを知
っているからです。

でも、そうしたことを敏感に感じてしまうのが神経質
必要以上に気にしてしまうのが神経質症なのですよね。


勿論、身体の不調は気になるものです。心の不安・
動揺も気になるものです。それは健康でありたい、世
の中に上手く順応したいという、自然な気持ちです。

しかし、そんな不調は身体の治癒力に任せてしまいま
しょう。不安も心の働きに任せてしまいましょう。 

つまりは、クドクドと考えないってことです。

あなたが考えるべきこと、行動すべきこと(脳の仕事)
は、他にたくさんあるのです。
そう、勉強や仕事・家事などの『いますべきこと』が、
あなたの役割です。

不調に対しては、身体と相談して回復に無理のない
行動を取れば良いだけのこと。

不安に対しては、何が不安なのかを知り、必要最低限
な注意を払うだけでよい。

このように、心と身体に、思考(脳)が越権しない
ようにして、上手く連絡を取り合い分担して行けば、
(不調なりにでも)全体のリズムは整います。


別の項目で、『心・感情』と『脳・思考』は別の働き
という話を書きました。

神経質者は脳が働きが良すぎて、時に心の働きにまで
口を出す、越権行為に及んでしまいます。(^-^;
つまり、不安が起これば「早く鎮めなさい」と口出し
するのですね。(笑)

しかしこれは大きなお世話で、余計に不安を煽り、
混乱を来たす元凶になります。


何事にも云えることですが、
やはりそれぞれの機能を信じて、
任せることは大切なことなのです。(^.^)


④症状が辛いからと、
仕事や学校を辞めてはいけない。

神経質症の鉄則に
『仕事や学校を辞めるなら、克服してからにしろ』
があります。

症状は辛いですから、辞めたくなるのも人情ですが、
そこで辞めてしまっては、さらに自分を苦境に追い
込むだけになってしまいます。

例えば、今の職場であれば、慣れた仕事であり、ある
程度の人間関係も築けていますから、周囲にも多少の
無理が利きます。 しかし新しい職場では、すべてが
一から出直しで、人間関係にも無理が利かず、イタズ
ラに自分を追い込んでしまうだけ・・・が、その主な
理由です。

勿論、その職場に、明らかな発症の理由がある場合が
ありますが、その場合でもせめて休職して辞めること
は極力避けたほうが賢明です。


神経質症の場合、その症因の多くに、自己の性格的な
問題が隠されており、どこへ行っても同じ結果を招く
場合が多いです。

したがって少なくとも転職は、その性格的な問題を
認識し、改善してからの方が賢明だと思います。


また森田に『迷いの中の是非は是非とも非なり』
と云う戒めの言葉もあります。

是(正)であれ非(誤)であれ、どちらも正しくはない。

つまり、症状という正常な判断のできないときに決め
たことは、あまりアテにはできず、あとで後悔するよ。
だから症状があるときは大事な決定は避けるべき、
という意味です。

⑤何事も、60%で満足すること。

神経質は、完全欲の強い欲張り者です。
なんでも完璧に行かないと気が済まない。

でも、世の中に完全はありません。
むしろ物事の多くが、思い通りに行かないのが、
普通なんです。

野球だって、打率3割を打てば一流ですよね。
つまり、10回のうち7回は凡打でも一流なのです。


何事も60%も成就すれば上出来と喜びましょう。

ちょっと物足りないかも知れませんが、神経質には、
それくらいがちょうど良いのです。(^.^)

⑥期待してはいけない

期待してはイケない・・ナンのことでしょう?(^^:

よく「仕事(学業)に打ち込めば治る」
「自己中心な生活をやめれば治る」
と云うけれど、
「頑張っても少しもよくならないではないか」
とお叱りを頂くことがあります。

が、申し訳ありませんが
「そんなことを期待して(行動して)いるうちは
ダメですよ」
とお答えさせて頂いております。
ほかに云いようがありませんので。(^^:


たしかに、つらい症状が続くと「藁にもすがりたい」
気持ちになるのもわかるのです。

僕自身、森田を信じていながらも
やはり、つらい症状が続いたときには
西に良い療法があれば西に走り、
東に良い漢方医がいれば東に走り・・
と、やってましたからね。(苦笑)

そしてそこで
「仕事を頑張りなさい」
「人の為に動きなさい」
と云われ、
「ヨシ!」
と頑張ってみたけれど
「全然ダメぢゃん」
でした。(^^:

そのときの落胆と云ったら相当なもので、
「勇気を出して頑張ったのに良くならない」
「いっそ、何もしなければよかった」
「自分はもう一生このままなんじゃないか・・」
と涙したものです。

しかし、そんなジタバタの中、
ひょんなキッカケから、自分より重症な方のお手伝い
をさせて頂くことになり、
「自分自身のことでさえダメなのに・・・」
と思いながらもお引き受けしたのですが、
とにかく大変でした。

まあ、その『大変さ話』はともかくとして、
ほとんど四六時中、その方に掛かりきりになって
いるうちに、知らず知らず(自分の)症状を忘れて
いる時間があることに気づいたのです。

で、そのとき
「あ、そういうことなんだ」
と急に目の前が明るくなったのを覚えています。


と、わたくし事の余談が長くなりましたが、(汗笑)

いくら言葉で
「仕事に打ち込め」「人の為に・・」
と鵜呑みにして行動しても、結局それは
「これをやれば治る」
と期待して(治す目的)の行動なので、ますます
症状を意識してしまうことにもなり、
ますます悪化したような状態になるワケです。

それならたしかに
「何もしないほうがマシだった」
と思いますよね。(^^:

よく『無欲・無心』と云いますが、
それ自体、頭の中にあるうちは無欲でも無心でも
ないわけで、ほんとうに無欲無心の状態なのは
そんな言葉すら頭の片隅にもないときなので
ココロのことは本当に難しいです。

しかしここで云えることは、冷たいようですが
良くなる(治す)目的で行動しているうちは、
良くなりませんという経験談を書き加えておきます。

兎にも角にも、精一杯頑張った達成感こそ、
神経質症の何よりの特効薬なのです。(^-^)


⑦自分を捨てて、人の為に動く

神経質症のときは、気持ちが自分に向かっています。
これが諸悪の根源と云っても良いほどです。

なので、他の章(コラム記事など)に、くどいほど
書きましたのでここでは割愛しますが、とにかく
自分を捨てて、人の為に動いてみてください。

もちろん『人の為』ですから、
相手の気持ちや立場を十二分に考えることは
必須ですが、

加えて云うなら、
「それ(その行為)が本当に相手の為になるのか」
も熟慮し行動できればさらに良いと思います。

たとえば、泥棒している人をみて大変そうだからと
手伝っても、それはその人の為になるのか?
って話です。(^^:(汗笑)

つまり、深く物事を考え、客観的な思考ができる
ようになれば、自分自身のことも客観視することが
可能になるからです。

人間にとって主観はとても大切な財産でもある
のですが、(内向している)神経質症のときは、
その主観が強すぎて災いしている、とも云えます。

ですので、人の為に動くことは、
神経質性格の持つ良い面を引き出すだけではなく、
気持ちを外向きにし、客観性を養うことができる
ので、神経質症を改善する以上のお土産(産物)を
あなたに与えてくれるはずです。

いままで、とてもつらかったのですから、ぜひとも
その先、明るい人生にしてください。(^-^)


⑧日常の五心

「はい」という素直な心
「ありがとう」という感謝の心
「すみません」という反省の心
「おかげさまで」という謙虚な心
「わたしがします」という奉仕の心

この五つの言葉は、神経質症になると、どうしても
欠けてしまう心だと思います。
とくに素直である、感謝する気持ちは、失いがち
ですが、大切ですよね。

物事に素直な気持ちが持てることは、自他を受け入れ
る入り口になります。

そして感謝する気持ちは、自己中心的な気持ちが離れ、
気持ちが外向きとなり、周囲との調和が持てる
入り口にもなります。


ともあれ、この五心が、たとえ除々にでも分かって、
生活にも自然に取り入れられるようになれば、
心も「あるがまま」で柔軟な働きを取りもどすこと
でしょう。

そうなれば、不安も当たり前のものとなり、
晴れて神経質症も卒業出来ると思います。(^.^) 


2016.3.31 加筆修正


・このコンテンツは1998年に執筆者のプライベート
サイトに掲載したものを2015年に再編集したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際には必ず
100文字程度に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト