神経質の修正法 教えます

本当は、神経質の活かし方 教えます にしようかな、
と思ったんですけど、「それとはちょっと違うかなぁ」
ということで、タイトルをコレにしました。

まあ、どっちにしても「教えます」なんて偉そうで
恐縮なんですが・・・
 
            

物事には必ず、良い面と悪い面があります。

僕は常日頃、神経質な人は細かなことに気がつける
良い性質なんですよ、と云っていますが、それはダイヤ
の原石を磨いて性質の良い面が出せた場合で、それ
がなければ、やっぱり「ただの神経質」。あるいは
「究極の自己チュー」で、無神経な人を「気配りが無
い」、「思いやりがない」と、非難することも笑うこ
ともできない同じ穴のムジナなんです。

いや、グチグチとしているぶん、無神経質な人より
始末が悪いかも知れません。(ーー;)

って、云いたいこと云ってますね。(笑)

でも、僕自身も「神経質で良かった」と思えるまでは、
やっぱり神経質を苦にしてました。

なんでこんなに、つまらないことにクヨクヨしたり、
こだわってしまうのだろう・・・と。

で、何年かして
「ほかに やること一杯あるだろうに・・・(--;)」
と考えが及んだとき、「そうだよ、それだよ!」と、
もっとも当たり前なことに気づいたんです。
ようやく。(汗笑)


あ、それで神経質の修正法ですが、
それは、極めて単純明快、

気持ちを外に向けること。

相手のことを思うこと、です以上。


神経質は、細かなことに気づける性質です。
本当なら、世の為にもなる、もっとも優れた性質だと
思います。

しかし、本人がその本質に気づけず、活かせず、
自分の殻にこもっているうちは、細かく気づけるのは
自分のことだけの、ただの神経質な自己チューで終わ
ってしまう、という本当に残念でつまらない性質
でもあるのです。


だからあとは「どっちがいいでしょう?」という選択
ですね。

つまり、自分のことだけに心血注ぐただの神経質に
終わらせてしまうか、

それとも、周囲の人を思いやることのできる気配り
さんになるか。

それはあなたの選択と行動次第、と云うわけです。


参考  人の為に尽くす 補足

 


・このコンテンツは1998年に執筆者のプライベート
サイトに掲載したものを2015年に再編集したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際には必ず
100文字程度に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト