赤ちゃんは、なんでも分かっています

さて、
いよいよ待ちに待った、赤ちゃんとのご対面です。
お母さんは産みの苦しみのあと、
そしてお父さんは・・・(^^:
無事に生まれてきてくれた喜びとともに、その対面を
果たすわけですが、私はその赤黒い顔をみて
「なるほど、だから赤ちゃんと云うのか」
と、もちろん産んでくれた嫁さんに感謝しながらも
『赤ちゃん』という呼び名の由来のほうに、強く関心
が向いていたような、そうでなかったような・・・・
・・(^^:それは私の話です。汗笑

精神分析学では、生まれたばかりの赤ちゃんは、
まだ無意識の中・・・
つまり、オギャと泣いてはいても、心は現実にはなく、
夢をみているような状態であると云われています。
(以後、その状態は数か月続きます)


と云うことは、いくら
「おーい、とーちゃんだよー」
と呼び掛けても、その声を彼らは、遠い現実のように
聞いているわけですよね。

そもそも「とーちゃんって、なんだ?」って思って
いるのかも。(悲笑)


しかし、さにあらず・・・実は、
どうやら彼らは、とーちゃん、かーちゃんの存在を
生まれてすぐでも分かっています。

いや、分かっているらしい・・・のです。


もちろん、とーちゃん、かーちゃんという言葉はまだ
知りませんし、どういう関係であるかなんて戸籍的な
ことも知る由もありません。

ですが
「この人たちが、どうやら自分に一番近い人たち」
ということは、感じているらしいのです。


母親とは、すでに十月十日の長い付き合いがあります
から、肌で感じる繋がりがありそうだ・・・というの
は理解できますが、
父親なんて(←この「なんて」にちょっとヒガミが入ってます。)
ちょっと協力したたげなのに
「どうして分かるんだろ」
って、ちょっと不思議な感じがしますよね。

赤ちゃん稼業も気をつかって大変?(笑)


一説によると、それは私のようなヒガミっぽい父親を
イジケさせない為だという話があります。

つまり、かーちゃんだけ知っていると、父親がイジケ
て自分のことを嫌いになってしまうのではないか、
それでは困るというので・・・

まあ、ウソかマコトかは定かではありませんけどね。(^^:


ただ、まんざら嘘ではない・・・と云いますか、
たとえ無意識の中、夢の中であっても、赤ちゃんは
何でも感じている・・・というのは本当の話です。

おそらく父親の存在を知っているのは、お腹の中に
いるときに、母親の声と一緒に、父親の声も聞こえて
いたので、声と気配を覚えていてくれたのかも知れま
せんね。^^ゞ


赤ちゃんは、なんでも分かっています。
前の章にも書きましたけど、赤ちゃんの心はすでに
胎内にいるときからありますから、
「どーせ、何もわかるまい」
などと思っていると、のちのち、とんでもないことに
なってしまいますのでご用心です。

なので、むしろ
「この子は、なんでも知っているんだ」
という気持ちで接してあげることが大事だと思います。


なんて、赤ちゃんが申しておりますが・・・
これホント、赤ちゃん?(汗笑)

余談ながら・・

ただし、分かっている、知っていると云っても、
もちろん大人が考える「それ」とは違います。

たとえば
「お母さんとお父さんのどっちがイチバン好き?」
と赤ちゃんに尋ねて、仮に彼らが言葉を話せても、
おそらく答えられないと思います。

しかしそれは「気を遣って」と云うより、
彼らは答えを持っていない・・
「ワカラナイ」
という感じだと思います。

なぜかと云いますと
「どっちが好き?」
は比べることで分かることですが、彼らはまだ
天秤にかけて比べることを学習していません。
なので「どっち?」という対比もできないと思います。


ならば「好き、嫌い」ならどうか?

おそらくそれは「心地良いか悪いか」の『快・不快』
の感覚で「何となく分かる」と思います。

たとえばご近所・・お隣のおじさんは、
「声が低くて怖い」とか、(苦笑)
「だけどおばさんは優しいから、また会いたい」とか。

しかしそれも「好き」か「嫌いか」と云う大人が
考える分け方や感覚とは違い、単に
「心地よいから、もう一度」
「心地悪い(不安になる)から、イヤだ」
なのだと思います。

なので、隣のおじさんも言葉を発せず、ただニコニコ
と、優しくしてくれたら、赤ちゃんの認識も
『不快から快に変わる』かもしれません。


まあ、赤ちゃんに限らず、大人だって、そうした
『快・不快』の感覚(感情)で「好き嫌い」を決めて
いるわけですから、感覚と云う意味では、一緒。
ただ彼らは「好き・嫌い」の言葉の意味が、まだ
分かっていない、という話です。

ついつい無駄話が長くなりました。(汗謝)
でも、ついでながら・・・(^^:

しかし、意味を知らないと云っても、すぐに学習し
ますから、赤ちゃんが泣いたからと云って
「隣のおじさん、怖かったね、嫌いだよね」
などと、なぐさめのつもりでも云わないことも
大事です。

なぜなら「好きか嫌いか」を決めるのは赤ちゃん
自身であり、親ではありません。

それに『不快=嫌い』と直結させた刷り込みをして
しまうと、成長したときに
「不快=嫌い=したくない」
と思考の幅(奥行き)が持てなくなる可能性だって
考えられます。

つまり「どうせ、まだ分からないだろう」
と親が勝手に自分の価値観でものを云ってしまうと、
その価値観だけで考える子になる可能性があるので・・

たとえば、絵本の読み聞かせのときなども
「楽しかったね」「怖かったね」ではなく
「今日はおしまい、どうだった?」
とだけ話し掛けてあげてください。

以上、長すぎる余談を終わります。(^^:
「いかがでしたか?」(汗笑)


乳幼児期の赤ちゃんは、まだ意識の世界に目覚めてお
らず、そのほとんどを夢(無意識)の世界で過ごしている、
と云われています。

心の中の自我(自分を感じる部分)がまだ未発達で、
何かをハッキリと意識することができないのです。


ほとんど夢(無意識)の世界・・・

そんなふう云われても、なんだか実感が持ちづらい
ですよね。(^^:

たとえばそれは、私たちが寝ぼけたり、酒に酔ったり
したときの夢見ごこち、現実感のなさと同じ、と考え
てください。

赤ちゃんは、そんな現実感のない「ぼんやり」
とした状態で毎日を過ごしているわけです。

心の成長に従って、少しずつ意識されるようになり
ますが、物事がしっかり自覚できるようになるのは、
(物心がつく)3歳前後ではないかと云われています。

  関連リンク 三つ子の魂百まで

ですが、いくらぼんやりしているとはいっても、前章
の胎児同様に、心はちゃんとあるので、険悪な話や
雰囲気は禁物。ちゃんと分かっています(^^:

心は備わっていますから、
「どうせ、まだ小さいし、何もわからないだろう」
と、赤ちゃんの前で、なんでもかんでも話したり、


良くない深刻な雰囲気に巻き込んでしまうと、余計な
不安を感じさせてしまうことになり、その後の生育に
良い影響を与えません。

たとえば、
「また給料が下がっちゃったね。この子を育てて行け
るかしら・・・」なんて話をしていると、たとえそれ
が単なる愚痴や冗談であっても、赤ちゃんは自分自身
の存在が
「危ないのではないか」
「自分は邪魔なのかな・・・」
と不安になるわけです。赤ちゃんはデリケートで、
傷つきやすいので、十分注意が必要です

もちろん親としては、そんな話をしながらも、
「まあ、なんとかなる」
と云うことが前提で話しているわけですが、

世の中の情勢も、生活の実態もわからない赤ちゃん
にとっては、「余も末」な、地獄のような話に感じ
で傷ついてしまうのです。

それは大人でもそうですよね。
自分が知っていることなら、少し深刻な話でも
「うんうん、まあね」
くらいの調子で聞いていられますが、まったく知らな
い世界の話や、初耳だったりすると、
「えっ?! そうなんだ・・・(++;)そりゃ大変だ」
と、ショックや不安を感じてしまいますよね。(^^:


赤ちゃんも同じです。
いや、それ以上にデリケートで、傷つきやすいもの。

もし赤ちゃんが不安そうにしていたら、すぐにフォロ
ーしてあげてくださいね。

もちろん、だからと云って『腫れものに触る』ように
怖がる必要はありません。(^^:

自分がされたら「嫌だな」と思うことを、赤ちゃんに
もしないこと。それだけです。

あとは、たくさん、いとおしんであげてください。(^^)  


できれば、赤ちゃんの前で深刻な話をしたりするだけ
ではなく、思ったり感じたりすることもやめて頂きた
いくらいなのですが、私たちも人間で気持ちはコント
ロールはできませんから、それは無理、、ですよね。
(^^:

なので、そんなことを思ってしまったり、あるいは、
赤ちゃんが泣きだしたり、不安そうな顔をしていたら、
抱きしめて、
「大丈夫、大丈夫。(必ず守ってあげるからね)」
と、心からつぶやいてあげてください。

きっと、赤ちゃんには伝わるはずです。


母性や父性は、もともと備わっているものではありま
せんし、自然に湧き出てくるものでもありません。

それは、赤ちゃんとの触れ合いや、赤ちゃんを思う
気持ちから、だんだんと高まってくるものです。



ですので、たくさん手足や身体に触れてあげたり、
たくさん赤ちゃんのことを思ってあげてください。


それでも、もし、赤ちゃんのことが、
「どうしても好きになれない」
「憎らしくさえ思ってしまう」
という場合でも、投げやりになったり、
ご自分を責めたりなさらないでください。

それは、あなたと赤ちゃんとの問題ではなく、
あなた自身の心の問題で、そうなることが
あるからです。


そうしたときには、一人で悩まずに必ず誰か信頼でき
る人に、その気持ちを打ち明けてみてください。

話をするだけでも落ち着きますし、
必ず良い方法も見つかるはずです。(^.^)  


 


 

このコンテンツは1998年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト