悩みの正体

前回は「悩みとは」について考えてみました。
複雑な欲求の綱引きが悩みであり、それによって
物事に慎重になれる、という結論でした。

勿論そんなことが判ったところで、悩みが軽くなる
訳ではありません。しかし悩むことも
「まんざら悪くはない」
と、うなずいて頂けたのではないでしょうか。
そして今回の『正体』を知れば、
「悩むことも、必要なんだ」
と納得して頂けると思います。


さて前回、悩みが起こるのは、
『欲求(進みたい方向)に、障害があるとき』
と仮説しました。

その障害を克服して進みたい反面、
不安に立ち往生する。 それが悩みとも。

ここで あなたは疑問を感じるかも知れませんね。

何故、同じ欲求でありながら、
「したくない欲求」は、せっかく「より良く生き
よう」とする欲求の邪魔をして悩みにしてしまう
のかと・・・。 

そこでもう一度考えてみましょう。

まず、私たちが突き進もうとする欲求は、確かに
「良い生」を求めるものですが、それが必ずしも
正しく、いつも社会に適合したものとは限らない、
ということです。 

ときには、時期や判断を誤って不幸(致命的)な
結果になることもある訳です。これでは良い生は
おろか、欲求が人生の破壊者になってしまいます
よね。

そこで必要なのが、
「よし! 行こう!!」
という進みたい欲求(+)に対しての、
「それでいいのか?」
と仲介役になってくれる不安と、
「やめておこう」
と制止させるしたくない・できない欲求(-)
の存在です。

私たち人間は、
この(+)と(-)の引き合う2つの欲求の働き
によって、はじめて自分に適した
『より良い生き方』を求めてゆけるのです。


ちょっと混乱しそうですね。それではここで一気に、
本章の『悩みの正体』に結んでしまいましょう。

まず、「進みたい欲求」は、
文字通り『人生を切り開こうとする欲求』です。

片や「したくない・できない欲求」は、
『生命を守ろうとする(保守的な)欲求』です。

そして悩みの正体は、進みたい欲求に対して、
もう一つのしたくない欲求が
「それは大丈夫なのか?」
とブレーキをかけた(2つの欲求が衝突した)
ときです。

不安とは自分の生命に対する危機意識ですから、
悩みは進もうとする欲求への危険信号・・・
とも云えるでしょう。

つまり悩みの正体は、
「ちょっと待て、もう一度じっくり点検してみよう」
の《自己の生を脅かすものへの警鐘(危険信号)》
なのです。 

これによって私たちは、欲求のおもむくままに
突っ走ることを防いでくれるわけですね。

 
おそらく、自分の人生に大きく関わる問題に接した
とき、不安が強く、悩みも深くなると思います。
たとえば進学、就職、結婚などの人生のターニング・

ポイントですね。迷うのは進もうとする方向が、
自分に相応しいのか、本当に失敗せずに進めるのか、
の心配(不安)ではありませんか? 


人間は一度上げた生活水準を落とすことが難しい
と云われています。
そして、成功の喜びよりも、失敗し傷つくことの
ほうが、意味が大きいとも・・・。

生活水準は、そのまま「欲求水準」に当てはまり
ます。失敗して欲求水準を下げざる得ないことは、
すなわち「生」と背中合わせの「死」を意識する
ことなのです。

勿論それは現実的な「死」とは異なりますが、
欲求を引き下げることは、それほど私たちにとっては
深刻なことなのです。ですから大きな問題に直面する
と、人間は不安になり、悩み、そして慎重にもなる
のです。

少し脅かしすぎたかも知れませんね。 
「生と死」の背中合わせについては、いずれ詳しく
ご説明します。

ただここで云えることは、
人間が不安になり、悩めるということは、
それだけ『気付きのチャンス』を与えられている
ということなのです。

ですから欲求に流されて進むばかりではなく、
不安を感じたなら素直に立ち止まる勇気も必要だろう
と思います。

そして焦らず悩んでみて、慎重になってみることも、
人生には大切なのではないでしょうか?(^.^)
いずれにしても悩むということは、それだけあなたが
「生きたい」証であることは、間違いないようです。



《筆者発》
「解りやすく」に努力してみましたが、
『悩みの正体』 ご理解頂けたでしょうか。
  
結局『悩み』は、欲求と現実とのバランス役と云える
かも知れませんネ。何事においてもバランス(調和)
が崩れた中からは、正しい道は見つからないものです。
悩むことはとても苦しいことですが、あなたの心は
正直に「あなたの生」を見つめようとしています。
どうか問題から目を逸らさず、悩みと向き合って
みてください。

必ず良い方向、『良い生』が見つかる筈です。
何故なら、悩めるあなたは「生きたい」のですから。

 


 

このコンテンツは1998年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト