続・受け入れるって、どんなこと?

前項『受け入れるって、どんなこと?』の続きです^^ゞ

もし、心に飲み込むとき、
「どうしても飲み込めない」

だって気に入らないことだから・・
「気(心)に入らないのよ」

それに、そもそも、
好きなことや、納得した『受け入れと』
「どうして同じ呼び名(受け入れ)で、
嫌なモノまで消化しなくちゃいけないの?」
という気持ちが、あるとすれば、やはり抵抗を
感じてしまうかもしれませんよね。

まあ、単に呼び名だけの問題なら、
『受け入れる』ではなく『とりあえず保管する』
でもナンデも良いわけですが、

やっぱり『心の置き所』の問題ですから、
とりあえずでも落ち着く場所を定めなくては
なりませんよね。


そこで提案です。

もし、どーしても、自分の心の中に納めなきゃダメ
と云うのであっても、
気に入ったモノ、納得したモノの受け入れと、
許せないモノの納得が、
「同じ入れ物にはいっちゃうのは、どーしても嫌だ」
と、そうした抵抗感が受け入れられない原因
だとしたら、

いっそ、心の中に別々の箱を用意したらどうでしょう?

つまり、一緒にならないように
『これは好きなもの 受け箱』
『これは嫌いなもの ゴミ箱』
あるいは『一旦入れておく箱』でも。

命名は、自分があまり抵抗感を感じないもので
あれば、何でもイイです。とにかく、
心の中で区分けしちゃえば良いと思うのです。

それなら好きなものが汚されずに済むし、
飲み込みやすいですよね。
しかも分別済みなので、分かりやすいし。(笑)

そして、とりあえず
「飲み込んでやったぞ~、これでモンクあっか?」
と、それでジャンジャンで終わらせてしまえば
良いのではないでしようか。(^.^)v


初めは抵抗感を感じると思います。
しかし、慣れ・・と云ったら語弊があるかもしれませ
んが、でも何度も流し込んでいくうちに、
あとは放っておいてもオートマチック、自動的に
そうした処理をしてくれるようになります。

つまり、問題なのは抵抗感だけで心自体には、
どんなものも受け入れられるだけの度量は、
もともとあるのです。


しかし、そもそも、なんでそこまで苦労して
「自分の腹に収めなければならないの?」
と思いますよね?

ですが、現実に『それ』が魚の骨みたいに
咽喉のあたりに引っ掛かって、心が前にも後ろにも
進めなくなっちゃっていませんか?

だからそれでイライラしたり、悩んだりしている。

たとしたらやっぱり、一旦でも、どこかに
納めなくてはならないのです。(^^:

それに、なにより、受け入れ うんぬんで、
心が釘づけになっての立ち往生が一番
「もったいない」です。(^^:

それより、それをサッさと片づけて
前へ進みましょう。(^.^)


そして、
それだけ頑張ったのですから、何かご褒美が
ほしいですよね。
はい、もちろん、ありますとも。(^.^)


まず、
一旦受け入れをして、ひとます完結したことで
頭の中を冷却することができます。

いままでは、そのことに心が釘づけとなり、
近視眼的に『それ』を凝視していましたよね?
つまり『それ』の一点だけを見つめていた。

しかし、心の中で、距離と余裕ができたことで、
その全体像(その背景までも)が見えてくる。

するとどうなるか・・おそらく
「あれっ?」
と思う発見があるはずです。

あれほど「嫌だ、嫌だ」と思っていたものが
「それほどイヤなモノでもなかった」
とか、そうでなくても
「別にどうでも良いモノかも」
と、苦しんでいた自分が笑えてきたり、
あるいは、
「結構、好きかも、好みかも♪」
なんて大逆転だって、あるかもしれません。


まあ、そもそも「絶対イヤだ」の拒絶には、
良くも悪くも「気になる」が必ずあるわけで、
距離や視点を換えてみることは、どんなことでも
大切だと思います。


それと、どんな方法であっても、
自分が受け入れることに抵抗がなくなれば、

それだけ、自分の心の『間口(容量)』を広げる
ことになります。

つまり、何に対しても、いちいち
イライラ・クヨクヨしないで済む、
寛容な心が持てるようになるのです。

なぜって、良いも悪いもなく受け入れられるの
ですから、それは「心の広い人」ですよね。

それって、気持ちがラクだし、人間関係でも、
かなり助かると思いますよ。d(-_^)

いかがでしょう。
割と「イイこと尽くし」と思いません?(*^-^)


それでもまだ・・・と云う場合、
こうなったら、とことん行ってみましょう。(^o^:
次のページもお読みになってみてください。^^ゞ


2015.8.16

 




このコンテンツは1998年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アクト