その回復への提案(1) 安直な考え方からの脱出

まず大事なのは、自分自身の人生なのですから、
手抜きをせず、物事をよく考えるということです。

面倒なことを後回しにしてしまうと、そのツケは
必ず回ってきますし、人間の心や身体を退化させ
る大きな一因となっています。


一つ象徴的なものとして、ある宅配のCMで、
たいした用事もないのに、面倒だから、
時間がないからと横着をきめこみ、電話で荷物を
取りに来てもらうという話があります。

「時代を良く読んだ商法だな」
と、苦笑いしてしまいました。

私たちの中に、そうした「お金で解決したらよい」
と云う安直な気持ちがあるから、あのようなCMも
成り立ってしまうのですよね。

それも時代の流れと納得してしまう方法もあるで
しょうし、実際、それで助かる人もいるとすれば、
それも良いことなのかも知れません。

しかし、何事においても
「本当に それで良いのか?」
という問題意識も持たなければ、私たちはどこま 
でも時代に流されたままになってしまいます。


ダメになれば捨てて また買えば良い、子供は
ゲームさえ与えておけば手が掛からないし、
教育は学校に任せておけば良い、何か起これば
学校や、行政の責任にすれば良い。 

そんな考えは、無いでしょうか?

そうした問題と、mind-lessとは関係が無いと
思われるかも知れませんが、そうした手抜きや、
責任回避的な態度が、私たち自身を人間本来の
生き方から遠のかせ、子供たちにも伝わってしま
うのだと思います。

大人の横着や、ずるい考えは、子供たちへ簡単に
伝染します。良い事は広がりづらいけど、悪い事
はすぐに広がる・・・

つまり、
良いことの伝承は、なかなか伝わりませんが、
悪いことの感染(伝承)は、とても簡単・・・
ってことですね。

もちろん、それも人間らしいと云えば、云えなく
もないのですが「それで、ええんかい」と、
あえて突っ込みをいれたいと思います。


もともと自分を成長させたり、
子供を育てることは、時間と苦労を伴うもので、
横着は通用しません。

いまここで、大人たちが襟を正し、社会を立て
直す気構えを持てば、子供たちも必ずや
それに付いてきてくれるはずです。

そしてそれが後世に伝承する我々の務めでは
ないでしょうか。





このコンテンツは2002年に作成され2015年に再編集
したものです。

【当サイトをご利用頂く際の留意事項】
・当サイトに掲載されている文章等の著作権は放棄し
ておりません。文章等を引用または使用頂く際は引用の
正当な範囲内に留め、本文と引用文を明確に分け、必
ず出典元の記載をお願いします。引用を逸脱した行為
に対しては、いかなる理由によっても、無断転載及び
無断使用と見なし訴訟案件となりますのでご注意くだ
さい。
・また、当サイトのご利用により生じたと考えられる
損害に対し当方は責任を負うものではありませんので
、あらかじめご了承ください。


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングル

ーム アクト