コンセプト

より良い生き方を求めて

いま あなたの心は  元気ですか?
何をしても上手く行かないとき ありますよね。
そんなときは 無理をしないで 休みませんか。
そして 一緒に考えてみませんか?
心の問題を解き明かし『より良く生きたい』
あなたとアクトのキーワードです。


1998年の設立からアクトは神経症のカウンセリングを
続けてまいりましたが、その中で常に考えてきたのは
『より良い生き方』です。
アクトにお越し頂く皆様は大変おつらい状態で、とて
も良いご縁とは申せませんが、ならばこそ、なおのこ
と笑顔でお別れできるようにしたい・・・

つらい症状を乗り越えたからこそ手にできる輝きのあ
る生き方があります。
神経症の克服とともに『より良い生き方』を見つけて
頂くことがアクトの変わらぬ願いです。

 

代表者プロフィール


アクトのこだわり

症状が出なくなれば良い・・では神経症を克服したと
は言えません。なぜなら、いつまでも再発をビクビク
して過ごさなければならないからです。

そもそもそうした状態は、神経症の成り立ち(構造)か
ら考えても、残念ながら完全に克服したとは言えない
のです。

カウンセリングルームアクトは、克服以上の本当の克
服を目指します。それは症状でつらかった年月を帳消
しにして余りあるほどの輝きと心豊かな毎日が送れる
ようになって頂くことです。


神経症の森田療法では、神経症が完治することを『陶
冶(とうや)』と言います。
もともとは陶器や鋳物をつくることですが、転じて、
その人のもつ性質や能力を鍛えあげるという意味があ
ります。

神経症は何らかの原因で心が折れ負けてしまった状態
と言えます。ですので、心を強くし、正常に働くよう
戻してあげさえすれば良いわけです。

しかも心が強くなったぶん、以前とは違う自分に気づ
くことができます。他人への思いやりがもてたり、物
事を心から慈しむ気持ちがもてたり・・・

つまり神経症の陶冶とは、症状からの脱却だけではな
く、人間としてのステップアップ、化学反応で言えば
昇華ですね。

 

 

そのほか カウンセリングについてアクトはこう考えています


 アクセス解析用広告
姫路 マッサージ     

  

カウンセリングルーム アク

ト